園内紹介

ライオン・トラ

猛獣ゾーンはネコ科のライオン、トラの2種類がいます。 ネコ科の特徴の中で「爪とぎ」があり、動物園でネコ科の動物を展示している展示場の中に必ず木が置いてあるのはそのためです。 爪とぎは爪を短くする事とマーキング(なわばり)の意味があるため、当園のライオン、トラも朝一に爪とぎをしている所が見られます。

ネコ科は昼間、寝ている事が多いため、午後4時ぐらいに見に来てもらうと良く動いていると思います。

飼育動物一覧

ページトップへ