のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)公式ホームページの「お知らせ・イベント」ページです。

豊橋総合動植物公園 豊橋総合動植物公園

園内マップ
MENUCLOSE
お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

2021.11.27

【映像放映中】チンパンジーの赤ちゃん元気です

お知らせ 動物園

豊橋総合動植物公園・のんほいパークで令和 3 年 7 月 30 日にチンパンジーの赤ちゃんが生れましたが、母親(アンナ)が育児をしないため、飼育員により育てられています(人工哺育)。現在、チンパンジーの赤ちゃん(愛称:ファン)は、つかまり立ちが出来るようになり、順調に生育しています。展示の予定は未定ですが、擬岩展望台に設置したモニターでファンの元気な様子(録画した映像)をご覧いただけます。

1 チンパンジーの赤ちゃんについて

誕生日 令和 3 年 7 月 30 日
性 別 オス
両 親 父親:ガイ 1998/6/14、バーゼル動物園(スイス)生まれ
母親:アンナ 2005/1/22、多摩動物公園生まれ
愛 称 「ファン」
人工哺育となった赤ちゃんを飼育員が育てるなかで「今後群れに戻って楽しく過ごせるように」、「来園したお客さんに親しんでもらえる存在になるように」という願いを込めて「ファン」と名付けました。

2 出産からこれまで

令和 3 年 7 月 30 日朝に生れました。
体重は2,135g と標準よりも大きめでした。出産後、母親のアンナは赤ちゃんに近付こうとせず、面倒を見る様子が見られませんでした。飼育員が面倒を見ながら何度もアンナの元に赤ちゃんを戻そうとしましたが、他のメスのチンパンジーにも面倒を見てもらおうとしましたが、うまくいきませんでした。そのため、人工哺育で育てることとなりました。人工哺育になりましたが、他のチンパンジーに仲間として受け入れてもらえるように、チンパンジーたちに頻繁に赤ちゃんの顔を見せるようにしています。少しずつ成長し、保育器の中でよく動いたり、自分で座ったり出来るようになってきたため、11/5 からは保育器の外で育てています。現在(11/20 の時点)では体重が 4,310gになり、つかまり立ちをしたり、声を使い分けて出すようになりました。

3 「ファン」のこれまでの映像記録

擬岩展望台にモニターを設置し、生まれてから現在までの映像をご覧いただけるようにします。映像の内容は随時更新する予定です。
モニターによる映像開始日 令和 3 年11月27日(土)より


8 月 4 日撮影 授乳の様子


11 月 6 日撮影