のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)公式ホームページの「お知らせ・イベント」ページです。

豊橋総合動植物公園 豊橋総合動植物公園

ENGLISH
MENUCLOSE
お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

2021.05.27

ダイアナモンキーの赤ちゃんが続々誕生!

お知らせ 動物園

ダイアナモンキーの赤ちゃんが続々誕生!

本園のサルデッキで飼育中のダイアナモンキーについて、5月12日に誕生したメンタイの赤ちゃんに続き、今年2頭目の赤ちゃんが誕生しました。お母さんのアスパラの出産は今回で2頭目になります。赤ちゃんへの授乳も確認できており、大切に育てられています。ダイアナモンキーは国際血統登録をされているほど希少なサルで、国内では本園を含めて4園館のみで飼育されています。

 

◆出産日  令和3年5月24日(月)

◆頭 数  1頭(性別 不明)

◆両親
父親:カグヤ 2007/5/25生(札幌市円山動物園生まれ)
母親:アスパラ 2011/5/6生(豊橋総合動植物公園生まれ)

◆当園の飼育状況
雄1頭、雌4頭、性別不明1頭(今回の赤ちゃんを入れて計7頭)

◆全国のダイアナモンキーの飼育状況(令和元年12月末現在)
4園館で17頭(雄6頭、雌11頭)が飼育

ダイアナモンキー  ダイアナモンキー2

<参考資料>
ダイアナモンキー(Cercopithecus diana
西アフリカ(シエラレオネ、リベリア、ガーナ等)の熱帯多雨林の中で背の高い木々が密生した原始林を好んで生息する。1頭のオスと複数頭のメスから成る群れで生活し、野生では木の葉や花、果実、昆虫などを食べる。全身は灰色や暗灰色の体毛で被われる。喉から胸部は白、背中は赤褐色、臀部は赤、尾は黒い体毛で被われる。額には三日月状に白い斑紋が入り、ローマ神話の月の女神ダイアナから名付けられた。