総合案内

コウノトリ

(展示エリア:郷土の動物園

体長 110cm
体重 4kg~5kg


体長110cm、体重4kg~5kg、雄は雌より大きいです。肉食性で、ドジョウ、フナなどの魚類、カエル、バッタなどの小動物なども捕食します。シベリア南東部、中国東北部に分布し、近縁種に朱色の嘴をしたシュバシコウがヨーロッパを中心に分布しています。1956年に国の特別天然記念物に指定されて、2005年には兵庫県立コウノトリの郷公園において、野生復帰を目指す放鳥が行われています。

詳しい情報

当園で飼育しているコウノトリは、雄2羽です。
餌はアジ、ワカサギを与えています。2羽とも臆病なため、給餌後、飼育員が近くにいる間は食べに寄って来ません。餌は丸呑みするため、あっという間に終わってしまいます。
成鳥は鳴くことが出来ない代わりにクラッタリングと呼ばれる嘴をカタカタと鳴らすことがあります。

ページトップへ