総合案内

ウサギ

(展示エリア:なかよし牧場


ウサギは大きく分けて、アナウサギとノウサギに分けられます。ペットショップや学校でみられるウサギはヨーロッパに住むアナウサギを家畜化し、品種改良してペット化したものです。実はカイウサギにも穴を掘る習性が残っています。体重0.8㎏~7㎏以上と幅広いです。ウサギは夜行性で、明け方と夕方にもっとも活発に活動します。ウサギといえば白い毛に赤い目というのを思い浮かべる人も多いと思います。実はこの目の赤さは、虹彩のメラニン色素が無かったり薄かったりするため、目の中の血管が透けて見えているのです。ウサギの目は赤色の他に灰色、茶色、青色などがあります。

詳しい情報

ウサギマンションには主にオスウサギが住み、ウサギの家にはメスウサギが住んでいます。ふれあい広場へは交代で出ています。
写真のカイウサギは「バニラ」と「ミルク」というメスです。2頭とも人が好きで、ウサギ広場へ仕事をしに入り、しゃがんでいると「ねぇ、ねぇ、何しているの?」といった感じに前足を飼育員の背中や足に乗せてきます。ミルクよりバニラのほうが体が大きく、度胸も据わっています。

ページトップへ