総合案内

ホッキョクグマ

(展示エリア:極地動物館

体長 オス2.5~3.0m メス2.0~2.5m
体重 オス350~650kg メス175~300kg


北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極圏に分布しています。他種のクマに比べると頭部は小さく、長い頸部を持ち、耳も小さく寒冷地に適応しています。体毛は内部が空洞になった特殊な構造で散乱光によって白く輝いて見え、全身が白い体毛に覆われているように見えるのでシロクマとも呼ばれます。

当園ではオスのチャッピーとメスのクッキーの二頭を飼育しています。二頭ともドイツの動物園で生まれ、豊橋に来ました。日本の気候に慣れてしまったので冬のプールの冷たい水が苦手で冬の餌投げの時間はなかなかプールに入ってくれません。
餌は、馬肉・鶏頭・牛脂・サツマイモ・人参・青菜・アジ等をあげています。

チャッピー(♂)

生年月日:1993年12月14日
出生地:ライプチッヒ動物園(ドイツ)
特徴:大きくて動きがすばやいです。

クッキー(♀)

生年月日:1993年1月21日
出生地:ニュルンベルグ動物園(ドイツ)
特徴:餌をとるのがちょっと苦手です。
チャッピーと仲良し

ページトップへ